旅行に行ってきました。

2014.09.12
【8月下旬】
相方が突然
「旅行に行きたい!!」
と叫び出す。

とりあえずひとりでに目的地を決める。

誘いに乗る。
友達を誘う。



【9月始め】
旅行に持って行く為の準備を始める。
1日目の目的地は遊園地。スペースワールドに決まった。
2日目は唐津・呼子へ行こう。とのこと。
唐津は、相方が昔住んでた場所らしく、ほぼ相方にルートを決めて貰う。



【9月4日】
らぴすは遊園地用にコンタクトレンズを買いに行くことを決意する。
コンタクトは昔1年用の物を持っていたので、要領はわかるハズ。
と意を決して向かったが、今のコンタクト市場はすごい。
種類が格段に増えた。
だが、らぴすに合うコンタクトはこれだけだ。と
1種類をすすめられた。
らぴすは黒目の部分が鋭角になってるらしい。
鋭角になってる人用に作られてるものより鋭角らしい。
しかも右目は乱視が入っているので高め。

実際、今の眼鏡は乱視用のレンズが右側にはまっている。
試しにコンタクトをつけてみたが、やはり右目の違和感が半端ない。
乱視用のコンタクトは、上下は普通のものと同じぐらいの厚さなのだが、左右がとても分厚い。
どうにも慣れない。
在庫はないので、取り寄せ。
この日は、付けて貰ったのを含め3回分をプレゼントされた。

後日、どうしても2時間を越える使用が出来なくて、ネットで乱視抜きの物を購入した。
見え方が半端なく違った。
ネットで『乱視』を調べてみたら、常に視界がぼやけていると明記されていた。
自分が乱視だと自覚しないまま、乱視用の眼鏡を使用していたので、見えてるのが当たり前だった。
正直、びっくりした。



【9月7日】
余談。
コンタクトが薄すぎて外れなくなる。
昔のものに比べたら、各段に薄い。
軽くパニックになるも、相方の調べによりなんとか剥がすことに成功。
ちなみに洗面器に顔を突っ込んで目を開け、盛大に濡らした後に外してみる、というやつ。
助かった。



【9月11日】
実家の方の友達と一緒の為、前日から帰省。
帰省到着後、真っ先に聞いたのが、親戚のおじさんが亡くなったとのこと。
正直、え、こんなタイミングで?!
でも場所が目的地近く。
小さい頃良くしてもらってたので、お別れに行きたい。
話したら、遊園地の後に行こうということに。



【9月12日】
朝、早目に出発。
行先はとりあえず、遊園地から一番近くにあるホテルだ。
チェックインは夕方からだが、荷物は預かってくれると記載されていた。
受付に行くと、日本人らしからぬイントネーションの受付嬢さん。
中華系な方だと思われた。
ところどころ聴きとりにくい場面もあったが、荷物を渡し、いざ戦場へ(笑)

アトラクションのため、カメラはホテルでお留守番。
ホテル駐車場からの写真を一枚。
スペースワールド
友人はコースター系を制覇。
今まで一番苦手だった子が、自ら入口へ向かう様は、とても果敢でした(笑)
らぴすはもうおばちゃんなので、派手なモノは遠慮しておきました。
天候にも恵まれ、この日は楽しく遊べました。

閉園前に切り上げ、親戚のおばさんへ電話してみることに。
しかし繋がらず。
うちの母に連絡してみても、近場の親戚へ連絡してみても、どれも繋がらず、車で2時間が経過。
おばさんも、宅電へかけて出ないため、家に伺ってもいないだろうと、どうすることも出来ずに途方に暮れる始末…。

友人は前日夜中の仕事だったため、車で寝かせるのが忍びなく、しびれを切らしてホテルへ。
部屋へ入って物色していると、母から電話が。
半ば怒りながら電話に出ると、すでに通夜があっていたそうな。
そりゃ出れないだろうけど、家を出る前に、今日は通夜もないだろうと聞いていたので、母が北九州に来ることも知らない。
これから向かって通夜が一通り終わった頃にいくことになった。
場所も聞いた。
晩ご飯を食べていないので、友人もとりあえず付いてくることに。
ナビはグーグルマップだ。優秀過ぎる。

最後のお別れも済ませ、ご飯どころを探す。
会場でおばさん方から色々聞くも、肉が食べたいと色々ドライブしてみる。
グーグル先生で探した場所が良くわからなくて、見つけた焼肉屋に入ってみた。
ちょっとイマイチな感じだったけど、お腹が満たされたので良し。

ホテルへ帰り、大浴場へ。
すでに夜中だったけど、ぼちぼち他のお客さんがいた。
温泉があると銘打ってたけど、あれは大浴場だ。サウナが付いてたぐらいか。

この日は色々あった。
喜怒哀楽の激しい一日だった。



【13日へ続く】

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する