スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本紹介 『植物図鑑』

2013.09.04
最初の出会いはLaLaという雑誌の「図書館戦争」
それの、作者というか、シナリオ担当というか、が有川浩先生。

買ってきたのは相方でした。

植物図鑑 (幻冬舎文庫)植物図鑑 (幻冬舎文庫)
(2013/01/11)
有川 浩

商品詳細を見る
ラノベ好きな人にもすんなり読めちゃう本。
基本が野草の話なんだけど、きゅんきゅんしちゃうラブストーリー(笑)
切なくて甘い物語で、気に入りました。


レビューにも買いちゃったんだけど、基本ラノベあたりしか読まないσ(・д・。らぴ)にもすんなり読める物語でした。
最初はね、タイトルからして入りにくいな、と正直思ってた。

『お譲さん、よかったら俺を拾ってくれませんか』
『咬みません。躾のできたよい子です』

最初のセリフで、くしくも掴まれてしまった(笑)



この次は、「シアター」もススメられてるので読もうかと思っておりまーす(´・ω・`)ノ

以下、結構どうでもいい、らぴすのつぶやき。
本の感想入ってっから、読んでから開くのがオススメ。
いや、むしろ開かなくておk。

個人的な、ホントに日記。(o・・o)/~じゃあね。







こういう物語読んでて、たまに思うのが、頭いいなーとか、大人だなー。ってこと。
登場人物が、「言葉を飲み込む」とか、「隠す」って、普段の生活でも結構あることだと思うんだけど、僕は特にソレをしない…。
むしろ出来ない。

人の傷つくところを平気な顔して土足で踏みにじる。良くやる。
後から「あ、しまった」と思う事もあるし、絶対気付いてない事もあると思う。
時にそれは長所だと言ってくれることもあるけど、そこは魂の経験値が足りてないのかなーって思う。

だから僕は本を読むのは好きだし、ゲームも好きだ。
簡単に世界が広がる。そして自身は傷つかない。

後者は重要だと思うけど、良くないとも思う。

やっぱり経験してナンボかなー…?
でも、それだけをするには、人間の一生って短い。
今は、今でやりたいことをすればいいのかな。って思う。

うーん、なんか言い訳くせぇ。

もうちょっと大人になりたい。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。